自分で不貞行為の証拠を集める場合の注意点

自分で不貞行為の証拠を集める場合には、まずプライバシーの侵害に気をてください。
行き過ぎ、つまり、法に触れる行為をすると、証拠と認められないばかりか、相手から慰謝料を請求される場合もあります。
こうなってしまうと、証拠がない状態よりも事態が最悪にあります。

浮気・不倫などでお悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

不貞行為の証拠集め

①自分で集める(ただし、危険が伴います)
②興信所や探偵事務所に依頼する
③弁護士に相談する
興信所や探偵事務所などは、悪徳な業者も参入しているので注意してください。

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

不貞行為の念書

この種の案件は早い段階で口頭だけで不貞行為のことを配偶者や不倫相手が認めるケースがあります。
その場合、それを証明するためにその段階で念書を書いてもらう事が重要です。
口だけでは証拠がない場合と同じ扱いになる可能性が高いです。
というのも1度は認めていても、いざ慰謝料請求の裁判ざたになると、知恵がつき「浮気していない」などと否認するケースが多々ある模様です。
それを回避するためにも不貞行為を認めた時は、「不貞行為の念書」を書かせることが重要のようです。
念書は、配偶者や不倫相手本人に「不貞行為をしました。申し訳ありません。」と書かせて署名押印をさせるだけでもOKのようです。

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

不貞行為の証拠とは?

具体的な不貞行為の証拠とはどんなものか
➀ラブホテルに一緒に入る瞬間の写真など
➁メール・チャット
③手帳・スケジュール帳
④手紙・メモ
⑤録音データ
⑥ETC記録
⑦各種領収書

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

不貞行為の証拠がないと慰謝料請求は難しい!

パートナーの不貞行為を疑っていてもパートナーや浮気・不倫相手が「していない」と主張してくれば、裁判では不貞行為の事実を認められないことは当然考えられるようです。
そこで慰謝料請求などを行う時は、慰謝料の請求者が不貞の証拠があった事実を証明しなければならないそうです。
証拠がない場合は、慰謝料請求に根拠がないとみなされ、慰謝料を請求できない可能性が大きいとされているそうです。

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

不貞行為

不貞行為は、民法で認められているとおり離婚原因のひとつです。
浮気や不倫は悪いことは社会常識的です。
夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを「貞操義務違反」とされているそうです。

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

痴漢行為と強制わいせつ

痴漢行為は、都道府県が定めた条例に抵触する場合と、刑法に定める強制わいせつがあります。
都道府県の条例によれば、痴漢行為はほとんど6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
しかし、強制わいせつ罪は刑法第176条で6月以上10年以下の懲役に処すると定めています。

お悩みの方は仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

盗撮行為

➀電車内やバス内で、前に立っている相手のスカートの中にスマートフォン等を入れて動画を撮影すること。
➁女子更衣室に小型カメラを設置して撮影すること。
③女子トイレ内にこっそり侵入して、個室内にいる相手の様子を撮影すること。
④浴室の窓から、入浴中の相手を撮影すること。

都道府県の迷惑行為防止条例では、従来から、“公共の場所や公共の乗物”における盗撮を処罰の対象としています。

お悩みの方は宮城県仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

横領罪と背任罪

背任罪は、刑法第247条に他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
例として、日産の元会長ゴーン被告が背任罪として起訴されています。
横領罪と背任罪はよく似ていますが、横領罪は対象物への他人の所有権を侵害する犯罪であるのに対し、背任罪は他人との信頼関係を毀損する犯罪です。
例えば、販売担当者が会社に損害を与えるような取引を行った場合には背任罪が、販売担当者が会社の商品をネコババした場合には横領罪が適用されます。

お悩みの方は宮城県仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |

万引きは窃盗罪です

窃盗は、故意に他人の財物を盗み、自分の所有物とすることであり、刑法第235条に抵触します。
他人の財物を窃取した者は,窃盗罪とし,10年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
万引きをしたら窃盗罪として処罰され、成人であれば有罪なら前科がつきます。
しかし、物を盗み終わってから犯人が盗んだ財物を取り返されるのを防いだり、逮捕を免れようとしたり、暴行や脅迫を実行した場合には、強盗罪(事後強盗)になります。 (刑法第236条)。

お悩みの方は宮城県仙台市にある信用・信頼第一の探偵社・日本民事調査研究所(代表は警察OB)に今すぐご相談ください。(ご相談は無料です)

Posted in ブログ |